医療レーザー脱毛 リスク

医療レーザー脱毛による、全身脱毛の赤みのリスクについて

医療レーザー脱毛の原理は、レーザーを脱毛部分に当てたときに、レーザーが毛の黒い色素に反応して照射されます。そうすると熱反応が毛孔にかかり、毛の成長する毛乳頭細胞を破壊することで、脱毛ができます。
そのため、毛の黒以外の肌の部分へのダメージが少ないというメリットがあり、皮膚全体に影響のある脱毛クリームなどに比べ安全で安心できる脱毛方法だと思います。

しかし、熱反応が毛孔にかかるということで、少なからず毛孔への影響がでてきます。この影響について以下にご紹介します。

【赤み】

医療レーザー脱毛では毛孔に熱反応がおきるため、脱毛した部分に赤みが出る事があります。

例えば男性のヒゲなどは、濃い毛が1箇所に集中して密集して生えています。ヒゲの脱毛をするのに医療レーザー脱毛を使った場合、濃くて黒い部分にレーザーが集中するため、熱反応も強く出てしまいます。そうすると髭の生えている部分や、ヒゲの生えているアゴ全体が赤くなってしまう事があります。
しかしこの赤み自体は遅くても1週間程度で治まります。また脱毛を繰り返すたびに弱まってきますので、最初は気になるかもしれませんが、あまり心配する事はありません。

肌のアレルギー、敏感肌、色素沈着しているなど肌にトラブルがある方は、設定によりレーザーの照射を弱くして、赤みなどのリスクの発生を最小限に抑える事が可能です。いずれにしても、医療レーザー脱毛による全身脱毛はリスクは、他の方法に比べても安心できる方法だと思います。